パンと雑貨とお惣菜 マムザヘッジホッグ

読書感想文。

マムザヘッジホッグはお盆休みをあけ、
19日から営業再開しております。

通常通りのパンの他、
秋の新作パンや雑貨類準備中です。

お盆休みは、
小学生の息子につきあう日々。
たまにはそんなことをブログに書いてみようかと思います。

ずばり表題に書いた通り
小学生の夏休みにつきまとうことといえば、、、


「読書感想文」。


なんでしょうね、あれ。

自分が小学生のとき、苦しみ、

大人になってからは

「そもそも書評を小学生に書かせようっていうのが
高度な要求すぎておかしいよねえ」

なんてうそぶいていたものの、

いざ、自分の子どもが小学生になり、
読書感想文を書くことになると、、、


いやあ、つたない文章につっこみたくってしょうがなくって。。。。

「すごいと思いました。」

いやいや、すごいじゃなくてさ、
なにをすごいと思ったの?

なにのどんなところをどうすごいと思ったか
もう少しかくみくだいてみようよ。

「うーん、、、わかんない。」

学校からも、
進研ゼミからも、
読書感想文の書き方的なプリントはとどいたものの、

そもそも
「読書感想文をうまく書きたい!」という
動機をもちあわせていないから、
そのプリントのわくにあわせて埋めるところからもう
めんどうくさくてしょうがないんですよねえ。。。



いやいや、頭ではわかってるんです。
無理矢理かかせたって意味がないってこと。


自分が小学生のとき
親の口述筆記のようにして書いた読書感想文で
賞をとったとき、
ちっともうれしいと思わなかったこと、覚えています。

でもねえ、、、
自分の子どもがつたないと、なんだか 心おだやかでいられないんですよねえ。。

と、葛藤を抱えつつ、
出そうになる手と戦って私なりに見守った結果、

自由研究も
読書感想文も、

「面倒くさいけどなんとかやりました。」

という気持ちがひしひしとこちらに伝わる仕上がりに。

いや、、そうだよね、宿題っていう存在そのものが
面倒くさいよね。

い、いいよ、
たかが、夏休みの宿題だよ。


そのうち、ちゃんと
打ち込めるものを
自分の力でみつけておくれよ、、、、、、、、、、、、、


そう自分に言い聞かせる夏の終わりでした。
スポンサーサイト
  1. 2015/08/24(月) 21:05:00|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<パンと、子どもと、楽しい生活 その2 | ホーム | サラダがいつもよりぐんと美味しくなったんですよ〜。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mhedgehog.blog.fc2.com/tb.php/91-891753ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)