パンと雑貨とお惣菜 マムザヘッジホッグ

12月のお知らせ

さて、早いもので今週中に師走に突入。
一週間長いなあ、と感じることもあるけれど、
振り返るとやはり、1年、早い。

12月は通常通りの日曜&月曜お休みの他、
29日から31日まで、年末お休みをいただきます。

クリスマス前後の営業としては、
12月20日火曜から24日土曜まで営業し、
25に、26お休みの後、27日火曜、28日水曜は営業です。

今年は23日金曜から25日日曜まで三連休。
みんなどこかにお出かけしてしまってマムザヘッジホッグのことは忘れられてしまうのでは、
と少しドキドキしたりもしています。

昼間お出かけするけれど、夜はお家でゆっくりご飯、の方や
連休はパパ仕事なのでママ友親子とお昼ホームパーティーの方など

オードブル&ターキー&バゲタ






ご予約いただければお家に着く前に受け取るだけ。
ワインも合わせてご用意できますよ。

そして、休みだからこそ、自分でお料理派の方には、
前回の記事で予告した「パーティーメニューにオススメの食材」その1をご紹介。


フランス、コックノワール社の、「シトロンコンフィ」


平たくいうと、「生姜たっぷり塩レモン」
瓶をあけると鮮烈な、レモンの香り。
ひとさじ口に含むと、しっかりとした生姜の刺激。

しかし、熱を入れると、刺激が和らぎ、一方で香りの鮮烈さはそのまま。

マスタードがわりに肉や魚介に添えて、
お鍋の薬味に、
煮込み料理のアクセントに、と
イマジネーションの広がる一品です。

お子さんのいる家庭で、
料理自体はあまりスバイスを効かせられないけれど、
大人の手元で一味プラスさせるアイテムが欲しい、という方にも
オススメです。


「パーティーメニューにオススメの食材」シリーズの続きはまた後日。
インフルエンザ流行が報道されています。
手洗いうがいしっかりして、
健康に、美味しいものを楽しみましょう!





スポンサーサイト
  1. 2016/11/28(月) 23:13:15|
  2. 営業についてのお知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワークショップの終わりと、クリスマスの始まり

マフィンを焼いたり、
ハロウィンアイシングでデコったり、
この秋は3種類のワークショップを開催してきましたが、
先週と本日の2回に渡った
「おもてなしサンドイッチ」ワークショップをもちまして
全日程終了しました。

参加してくれたのは小学3年生の父娘ペアから
大人の女性まで。

公園で広げたら「わー!」と
声が上がること間違いなしの美味しそうなサンドイッチボックスが
できあがりました。





今回は、「公園やお友達のお家に持っていく」「ホームパーティーに呼ぶ」
など、作ってから時間が経ってから食べる「おもてなしサンドイッチ」
をテーマに作成。

レタス、キュウリ、トマトなど、
サンドイッチにありがちだけど水分が出やすい食材はさけ、 
ペーストを活用したり、具の下ごしらえを工夫したり
時間が経ってもおいしいサンドイッチを
作りました。

これからの季節のパーティーメニューにオススメの食材もあるので
こちらはまた、近いうちに別記事でご紹介しますね。

はい、で
楽しくワークショップを週末ごとに楽しんでいましたが、
いつの間にやら
11月も末になってきました。

マムザヘッジホッグも
そろそろクリスマスモード突入!

ということで、


モンドール 予約受付スタートしています!!




フランスでは「チーズの真珠」と言われているらしいモンドール。
冬期限定の風物詩的チーズです。
その特徴はなんといっても、熟成が進むとスプーンでとろとろにすくえるほど柔らかいこと。

パーティーにももってこいのチーズです。

当店は、チーズ専門店アルパージュさんから、
熟成管理されたものをお取り寄せいたしますので、
食べたいときに合わせて、ちょうどよい熟成のものをお渡し可能です。

店頭でお気軽にお声かけ下さいね!

そして、
リネンのファブリックカレンダー2017入荷しています。





数量限定、追加入荷予定なしですので、
お早めに。

カレンダーとして飾ったあとは、
キッチンクロスとして
お使いいただけます。

2016年もあと1ヶ月と少し。
おいしい時間、楽しい時間、
いっぱい過ごしましょう〜
















  1. 2016/11/20(日) 19:13:18|
  2. 営業についてのお知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お釣りを受け取る

急に冬が訪れた感のある今日この頃。

みなさんあったかくお過ごしでしょうか。


さて、先週のとある日。

年中さん、年長さんくらいでしょうか。

男の子が一人、
500円玉を一つ握って
店内にやってきました。

外にはお母さんが待っています。

「かめパン一つください!」

元気に注文してくれました。
まずはお釣りを無事お母さんの元へ届けられるよう、
先に渡します。

「落とさないように、このお釣りをまず
お母さんのところに持っていってね。」

子どもの小さな手の平でもこぼさないように
小銭を渡さなきゃ、

お釣りを差し出すと、

男の子は、
小さな手のひら
ではなく、

お釣りをつまんでいる私の指先から
同じようにお釣りをつまんで受け取ろうとするのです。

おっとっと、と
思わずその下に左手を出しましたが、

ちゃんと彼は落とさずお釣りを受け取って
お母さんのところに持っていくことができました。



無意識に、
自然に、日々の日常で大人がやっていることも
子どもにとっては
慣れないことだし、難しいこと。

手の大きさも目線の高さも違うし、
最初からもうちょっと
低い、目線より下の位置でお釣りを渡せば
もっとあの子も受け取りやすかっただろうなあ、
と、ちょっと反省したできごとでした。


実は、
お子さんだけのお買い物で
一番気を使っているのがお釣りの受け渡し。

店内でうまく受け取れても、
小銭を握りしめたまま
「おかあさーん!!」と
小走りで走っていくうちにばらまく可能性もあります。

ビニル袋に小銭を入れて渡すなど
工夫していますが、

できれば、

なんでもいいので、
お財布の役目をするものを
お子さんに持たせていただければうれしいです。

お買い物に成功した時の
子どもの顔って、
本当に、誇らしげでかわいいんですよね〜。

これからも、
お子さんのちょっとした成功体験のお手伝いができるよう
心がけて参りたいと思っております!








  1. 2016/11/07(月) 23:20:22|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0