パンと雑貨とお惣菜 マムザヘッジホッグ

はじめてのおつかい

この前の土曜日のこと。

小学生一人でお買い物に来てくれたお客様が
たしか全部で4名いらっしゃいました。

その前の週だったか、
「今日はお母さんの誕生日だから
お母さんの好きなパンを買いに
おつかいに来た」

という1年生のお客様がいらしたり

また別の日には

おうちのかたからの
予約のお電話のあと、
そのパンをうけとりにお金をにぎりしめてやってきた

まだ未就学のお客様もいらっしゃったりしました。

こうして思うと、「はじめてのおつかい」
に来ているお子さん、けっこういるのかも?

ときには
小さなお子さん一人!
大丈夫か!?
と思ったら、
お店のすぐ外でおうちのかたが見守っていたり

ちょっと離れた交差点でこちらを見ているおうちのかたがいらっしゃったり。

ああ、ちゃんとみなさん、お子さんの気持ちと親の気持ちと
調整つけて関わっていらっしゃるんだなあと
感心します。


お子さんが「できるもん!」って言っても心配だったり、
おうちのかたが「できるでしょ!」って思っても
お子さんは心細かったり、

いろいろその形は違いますが、

日々のちょっとした
自立の一歩に立ち会えるのは
とっても楽しいことです。


昨年の6月にオープンしたので、今週でまるっと1年。

お子さん一人でご来店いただいている様子を見ると、
あそこならおつかいにやっても大丈夫、と
安心できるお店として
少し受け入れていただいてきたのかな、と
うれしく思っています。


お店の外の出来事には一切責任もてませんが、

お店の中でのお買い物に関しては、
精一杯
対応させていただきます。



そういやあ、小さい頃
あのパン屋さんにおつかいにいったなあ。


何年後かわかりませんが

あるときふっと、

そんな風に思い起こしてもらえるような

お店になっていると楽しいなと
思います。



スポンサーサイト
  1. 2015/05/26(火) 22:46:47|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

必要は、発明の母


ある平日の夕方のこと。

子どもの同級生のお子さんが、お母さんと親子でご来店。

「これから塾に行くんだけど、
帰りが遅くておなかがすくから、休憩時間にお弁当を食べてるの。
これからの暑い季節、朝作っておくのも心配で。
週に2回くらいなんだけど
子どもが一人で買いに寄ってもいいかな?」

そのお母さんの言葉にはっと思い当たること。

私は以前、フルタイムのワーキングマザーで会社員していました。
そのときの先輩ママたちの言葉。

「小学校にあがると大変!」
「保育園みたいに夜遅くまでは学童はない」
「習い事や塾があるし」
「給食がない長期休みは、2食分考えて用意しなくちゃいけない」

小1の壁 小4の壁。 

というわけで、

夕方小腹を満たすものがほしい!!!

という「必要」にお答えするもの、「発明」してみました。



小さなミニサイズのパン3個セット。
お惣菜をはさんだパン二つと、
クリームやジャムを包んだ菓子パン1つ。

一食分しっかりにはやや物足りない
小腹ボリュームですが、
3種類の味が楽しめます。

具材や味付けは日替わりランダム。

毎週火曜お願いします!
というように登録していただくこともできますし、
まずは一回試してみたい、
という方は
前々日までにご予約いただければ対応できると思います。
(実際には店頭にてご相談ください!)

「発明」というほどたいしたものではありませんが、
気になる方、
店頭にてお気軽にお声かけください!




  1. 2015/05/17(日) 22:46:48|
  2. 営業についてのお知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旧交をあたためる

出身は、九州です。

学生時代、関西で過ごしました。

そろそろ、東京在住期間が最長になりつつある昨今です。
(まだちょっとだけ、九州が勝ってます。)

このゴールデンウイークは、
お休みもいただきましたが、
合間をぬって
二人の友人が遠方から来店くださって
楽しい時間を持つことができました。

もう20年来のつきあいとなる友人たち。
お互い年を重ねているから、
絶対お互い変わっているのだけれど、
会うと
「ああ、変わらないなあ」と思う。

お互いの子どもの写真など見ると
どう見ても赤ちゃんが小学生になっていたりするので、
「大きくなったねえ!!!」と思う。

これはきっとお互いに、
変化を認めたい部分と認めたくない部分と
脳が自分に都合よく解釈してるんだな、と
思うのです。

企業でも、よく、
変わり続けなければ、
変わらない価値を提供し続けることはできない
といったようなこと言いますよね。

同じことを個人のレベルでもやっていて、
お互い年を重ねて変化していくなかで、
絶対変わっているんだけど、変わらないコアの部分との掛け合わせで、
再会の瞬間、すぐにお互いの近しさを取り戻すことができるのかな、と
思ったりしました。


さて、マムザヘッジホッグ。
変わること。
変わらないこと。
自分たちらしさって何でしょう???


2014年6月にオープンしたので、
もう少しで一周年です。

何か新企画とか!?イベントとか!?
と思いつつも、
あまり派手なことの似合う店でもないのでと
地道にこっそりぼちぼちと、と思っております。


「気づいたら、もうこんなに長いつきあいになってたんだねえ。
あんまり自然で気づかなかったわあ。」

そんな関係も理想です。



  1. 2015/05/10(日) 02:37:48|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0