パンと雑貨とお惣菜 マムザヘッジホッグ

育休からの復職応援!! 春パスタ。

とうとう3月も終わっちゃいますねえ〜。

やはりこの時期は、なんだか、
年度かわりだなあ、、としみじみしてしまいますね。

お客様にも何人か、
この春から育休明けの職場復帰なんです〜
という方がいらっしゃって、
漠然とした不安と
職場に負けまいという少々の気負いを
感じていた

当時の自分を思い返してみたりしました。


私の場合、
楽だったのは、
自分も夫も
「別に夕食がワンプレートでもかまわない」
というタイプだったことです。

結果、毎日のように麺。

月曜 うどん
火曜 パスタ、ボンゴレビアンコ
水曜 パスタ、ベーコンとトマトソース
木曜 うどん
金曜 パスタ、菜の花とベーコン

といった感じで、、、
乳幼児の子どもにはミニトマトを小さく切ったり、
フルーツを添えたり、
少々配慮はしたものの、
一汁三菜からはほど遠い毎日でした。

あ、でも一応、レトルトソースは使わず、
オリーブオイルとにんにくと、その他具材で調理していましたよ。
(少し弁解)


というわけで、
4月のマムザヘッジホッグは、
少々パスタ推しで、
お惣菜なども展開していこうかな?と
思っている次第です。



写真は、
ブロンズダイス製法のもちもちパスタ
と、
稀少な赤牛のパルミジャーノレッジャーノDOP

お子様用に少し薄味でパスタソースを仕上げたとしても、、、
大人用はこのチーズを
ピーラーでけずって少々かけると、
ぐっと味の深みもコクもあがります。

その他、
お惣菜は、
そのままサイドディッシュになるサラダ類に加えて、
パスタの具材のアクセントとしても大活躍の、
「ドライトマト」と
「オリーブ」の、
小分け販売も行う予定です。

育休復帰
新一年生
新社会人

大きな節目以外でも、うちの新小4だって、少々緊張しているような新学期。

気を抜いてちょっとほっとしていただけるパン屋でいたいなと
思っておりますので、
ふらっと気軽に、
お立寄りくださいませ。









スポンサーサイト
  1. 2015/03/30(月) 23:28:36|
  2. 営業についてのお知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ズボラ離乳食

タイトル通りで申し訳ないのですが、
本当にズボラに、離乳食していました。

というのも、
私自身が乳腺炎になりやすい体質で、
おっぱいをあげている間、
乳製品、卵、肉、油の多い魚 などなどが食べられず、
自分が食べられるものを作るのに精一杯。

とにかく毎日野菜具沢山みそ汁を大量に作り、
夫の晩ご飯は+肉いため。
子どもの離乳食はみそ汁の具をとりわけ。

という感じで、
雑誌に載っているような色とりどりの離乳食は作ったことない
という始末。

実は始めて子どもに与えたパンは、
バゲットの端っこでした。

8か月くらいだったでしょうか?
まだ歯のない口で、がぶっとバゲットの端っこにかぶりついて、
かなり長い間、チューチューと、
しゃぶっていました。

というのも、私自身が、
なるべく卵も乳製品も避けなくてはいけなかったので、
パンといえばバゲットだったのです。
(バゲットは、小麦粉と、塩と水だけが基本)
親が食べていると「私にも何かくれー」と騒ぐので、
試しにバゲットのはしっこを渡してみると、
がぶっとかぶりついた次第。

食器類もズボラで、
特に離乳食用に買ったものはないのです。

割れにくい、軽い、ということで
メラミンの小ぶりの食器と、
木の小さいお椀を買い足したのですが、離乳食専用というわけではなく
その後も使うし親も使えるよね、というもの。

もう子どもは小3(4月から4年生)ですが、その食器たちは、まだ健在です。


こちらは、最近入荷の、fog linen worksの、アカシアの木の器。
店頭で手にとっていただけるとわかりますが、
手のひらにすっぽりおさまるミニサイズ。

でもそのナチュラルな風合いは、大人の暮らしにもしっくりはまる落ち着き感。

タイムマシンにのれるなら、お食い初めの食器はこれにしとけ
と、あの日の自分に伝えたい、と
思ってしまいます。


そんなズボラ離乳食をへて、小3を終えようとしている息子ですが、
最近の成長トピックスは、
「自分で爪切りで爪を切れるようになった」
です。
早いのか?遅いのか?分かりませんが、
かつては寝ているときじゃないと切れなかった爪が、
起きていても切る間じっとしてくれるようになり、
やっとこさ切ってあげなくても自分で切れるようになりました。

うーん、やっぱり子育てって気の長い話ですよねえ。
ズボラに楽しんで乗り切りましょう〜。

木の器以外にも、
小回りのきくミニスパチュラなど、
離乳食にオススメキッチン雑貨ありますので、
お散歩ついでにのぞいてみてください。

  1. 2015/03/23(月) 23:35:47|
  2. 雑貨
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春。花見、ざりがに、ダンゴムシ、、、

今日の昼間はずいぶんぽかぽかしていましたね〜。

公園で遊ぶ親子連れも増えてきたなあ〜、と
感じる今日このごろ。


マムザヘッジホッグの近辺には、
お花見のできる大きな公園が二つあります。

東に5分ほど行くと 
祖師谷公園。

西に10分ほど行くと
芦花公園。

芦花公園の桜は「高遠コヒガン桜」という種類で、
「ソメイヨシノ」よりも少し早く満開を迎える桜なんだとか。

うまくいけば、
芦花公園と、祖師谷公園それぞれで、
満開の時期がずれるので、
2回お花見が楽しる、というわけです。

そして暖かくなってくると、
いろんな生き物も、顔を出しますよね・・・

こちらは去年の4月5日の祖師谷公園。
IMG_3688.jpg


小さな池では、
ざりがに釣りを楽しむ子どもがいっぱい。

木の棒のさきっちょに結んだ糸に
するめを結びつけたつりざおで、
みんな一生懸命池をのぞきこんでいました。

去年は暖かくて水の量もけっこうあって
かなりな大漁でしたよ。

ちゃんとつれて帰って水槽でしばらく飼っていたのですが、、、

はい、結果、わかると思います。

多すぎました。
チーン。。。。。。。




店頭にはお知らせの「ヘジホだより」置いていますが、
3月4月は、
サンドイッチランチBOXを期間限定で
ご予約受付中です。

お弁当もって公園へ。

ざりがに釣りのコツもお伝えします〜。





テーマ:★店長ブログ★ - ジャンル:ブログ

  1. 2015/03/16(月) 22:32:56|
  2. 営業についてのお知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たまには、 パンにも総菜にも雑貨にも、関係ないことを。 子どもと習い事

最近、
お店のお知らせみたいな記事が多くて
面白くないなと我ながら思っていたので、
面白いかどうかはわからないけれど、
久々の育児ネタ。。。

文字ばっかりですみません。


今日は、小3の息子が参加しているスポーツチームの、6年生を送る会でした。

基本涙もろい私は、
コーチから子どもたちへの言葉、
親から子どもたちへの言葉、
子どもからコーチや親への感謝の言葉、
子どもから後輩への激励の言葉、

どれを聞いてもうるうるしてしまう。
がんばったこと、
その結果、過程、なんでもなんだか、ぐっとくるよねえ。。。


6年生って、小学校の6年間というけっこう長いスパンの到達点にあって、
それなりな達成感や成長感もあるお年頃だと思う。

でも、中学という未知の世界じゃ一番下っ端で、
一貫校以外では、3年という短いスパンで受験がまっている。
自分が小6のときのことを思い返しても、
中学生になるっていうのは、なんだかちょっと憂鬱だった。


話は飛びますが、
私が社会人になった頃、
まだ会社には、オアシス(ワープロ)があった。
パソコンが使えないおじさまも、本当にいた。

でも、5年たったら、いなかった。

私が高校受験するとき、ソ連は、確かまだあった。
でも、大学受験するとき、ソ連はなかった。

社会の変化のスピードが早い現代において、
実は、小学校生活の6年間って、
ちょっとした社会の構造変革が起こりうるくらいの
長いスパン。
変革期にある会社なら、社長が2人、3人交代したっておかしくない。
これからを生きる子どもたちにとって、
6年間を、ある程度一定の環境で過ごせる時代って、
小学生時代しか、
一生の中であんまりないんじゃないかな、って思う。

だから、
小学生の6年間のうちに、
なんでもいいから一つ、
「やりつづけたらできた」
「がんばったらなんとかなった」
そんな経験をできたらいいなあーと思っています。

はっきりいって、
幼少期のスポーツ体験がそのままプロスポーツ選手としての成功につながるケースは
なかなかにまれですよね。
でも、
だからこそ、
どんな困難や挫折に直面しても、
「自分なら大丈夫」
「自分ならなんとかなる」
っていう
「根拠のない自信」(自己肯定感)
をもって前向きに進むことができるといいなと
思っています。

どうやら息子くんは今日の会に出席して、
卒業していく6年生や
それを送る5年生を
かっこいいと思った様子。

かっこよくなりたい!
かわいくなりたい!
もてたい!

そういう気持ちが無意識ながらベースにあると
楽しくがんばれるよねえーと思うのです。

春は、いろいろ
子どもの新しい習い事など、気にかかるご家庭も
いらっしゃると思うのです。

重要なのは、その習い事の技能を子どもに身につけさせることなのか
習い事を通じて子どもに自己肯定感を育むことなのか

親はどう思っている?
子はどう思っている?

そして、過程がどうであろうと、
結果がどうであろうと、
子どものがんばっている姿を
肯定してあげなくちゃあなあ。

つらつらとそんなことを考えた今日このごろでした。




  1. 2015/03/09(月) 00:59:10|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パーティーに。パンとお惣菜とワインと、坊さんの頭。

昨日はお天気、今日はあいにくの雨。

春めいてきたけれど、
暖かくなるのはもう少し、でしょうか。

今日は、通常営業お休みでしたが、
パーティーへパンやお惣菜のご用命をいただいて、

配達してきました。

向かったのは
お隣の駅 仙川の「森のテラス」




実篤公園の側の、
住宅地の中にぽっこりある、
緑に囲まれたおうちです。

1か月ほど前、
お客さまから、
仲間うちでの結婚祝いをするので、
そこへパンやチーズをお願いすることはできますか?

と、ご相談をいただきました。

オープンしてからそういったご相談をいただくの初めてだったので、
できるかな?とちょっとドキドキもしましたが、
めでたく楽しい集いのお手伝いはこちらも楽しいお仕事です。

お引き受けさせていただきました。

サンドイッチとサラダに


ラザニアや


スパークリングワインと、

チーズ。



今回のチーズは
パーティーが盛り上がるチーズ、
ということで

「テートドモワンヌ」(坊さんの頭)
という名前のチーズを、ご用意。

「ジロール」(ギロチン)という
専用器具で削ると、
カーネーションの花びらのように、
薄くきれいに削れます。

チーズと器具の名前だけ考えると
ちょっと怖いような気もしますが、
けずった見た目もきれいだし、
自分で削る体験をするのも、
ちょっとワクワクして、場がもりあがるチーズです。

今回は、一番最初にご相談いただいたのが1月で、
準備期間を長くいただけたので、
こちらも考えてご提案してお返事いただいて、と
ゆっくり準備することができました。

3月、4月、卒業、進級、進学、お引っ越しなど
出会いも別れも多い季節かと思います。

人数とご予算と、だいたいのご要望いただければ
こんなご用意できますよと
ご提案もできます。

楽しい時間をより楽しくするお手伝い
お気軽にご相談ください〜。






テーマ:★店長ブログ★ - ジャンル:ブログ

  1. 2015/03/01(日) 20:48:32|
  2. 営業についてのお知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0