パンと雑貨とお惣菜 マムザヘッジホッグ

お釣りを受け取る

急に冬が訪れた感のある今日この頃。

みなさんあったかくお過ごしでしょうか。


さて、先週のとある日。

年中さん、年長さんくらいでしょうか。

男の子が一人、
500円玉を一つ握って
店内にやってきました。

外にはお母さんが待っています。

「かめパン一つください!」

元気に注文してくれました。
まずはお釣りを無事お母さんの元へ届けられるよう、
先に渡します。

「落とさないように、このお釣りをまず
お母さんのところに持っていってね。」

子どもの小さな手の平でもこぼさないように
小銭を渡さなきゃ、

お釣りを差し出すと、

男の子は、
小さな手のひら
ではなく、

お釣りをつまんでいる私の指先から
同じようにお釣りをつまんで受け取ろうとするのです。

おっとっと、と
思わずその下に左手を出しましたが、

ちゃんと彼は落とさずお釣りを受け取って
お母さんのところに持っていくことができました。



無意識に、
自然に、日々の日常で大人がやっていることも
子どもにとっては
慣れないことだし、難しいこと。

手の大きさも目線の高さも違うし、
最初からもうちょっと
低い、目線より下の位置でお釣りを渡せば
もっとあの子も受け取りやすかっただろうなあ、
と、ちょっと反省したできごとでした。


実は、
お子さんだけのお買い物で
一番気を使っているのがお釣りの受け渡し。

店内でうまく受け取れても、
小銭を握りしめたまま
「おかあさーん!!」と
小走りで走っていくうちにばらまく可能性もあります。

ビニル袋に小銭を入れて渡すなど
工夫していますが、

できれば、

なんでもいいので、
お財布の役目をするものを
お子さんに持たせていただければうれしいです。

お買い物に成功した時の
子どもの顔って、
本当に、誇らしげでかわいいんですよね〜。

これからも、
お子さんのちょっとした成功体験のお手伝いができるよう
心がけて参りたいと思っております!








スポンサーサイト
  1. 2016/11/07(月) 23:20:22|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏休み。 熊本に行ってきました <後編>

夏休み中の日帰り熊本旅行記 後編です。


初めての熊本市街。

とりあえず、有名な観光地に行ってみようと
向かったのは

水前寺公園


と、

熊本城。

テレビやネットを通して
崩れた石垣の画像は何度も目にしていた熊本城。



広い範囲で立ち入り禁止になっていて
遠く二の丸広場から写真を一枚。

お城を囲む城壁が崩れているのが散見されました。

補修に向けた作業にあたっているのであろう
ヘルメットのおじさんたちがたくさん行ったり来たり。

4月の地震から4か月以上たち、
なんだかずいぶん過去のことのようにも感じていましたが
まだまだ進行中のことなんだなと
実感。

実際、
熊本駅の在来線ホームから周りを見渡すと、
地震の影響なのか豪雨の影響なのかはわかりませんが、
屋根にブルーシートがかかった家やビルがちらほら見受けられ、
阪神大震災後の神戸を訪れたときの光景と
通じるものがありました。

日帰りの超特急熊本旅行。

もっとおいしいもの食べたかったなとか
山鹿のお祭りに行きたかったなとか

心残りは満載ですが
「くまもんばくだんおにぎり」とビールを買って帰りの新幹線に乗り込んだのでした。

そして、
いつのまにやらリオオリンピック閉会とともに
マムザヘッジホッグの夏休みは
終わってしまい、
明日から営業スタートです。

台風一過の青空となるんでしょうか?

いつものところで
みなさまとお会いできるのを楽しみにしております。









テーマ:★店長ブログ★ - ジャンル:ブログ

  1. 2016/08/22(月) 20:01:57|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏休み。 熊本に行ってきました <前編>

マムザヘッジホッグ 8月23日より営業スタート。
ただいま、夏休み中です。

お盆は、実家に帰省。
福岡県の、行橋市。

短期間の滞在でしたが、日帰りで、熊本に行ってきました。

小学生の頃阿蘇旅行に行って以来の熊本県。
熊本市街地は初めてです。

新幹線の熊本駅で巨大くまもんにおののき、


在来線に乗り換えて、

まず最初に向かったのは
「ミドリネコ舎」さん



8月30日からしばしの間、
マムザヘッジホッグの一部が「ミドリネコ舎」になります。

ミドリネコ舎さんが
「大分熊本物産展」として、渋谷ヒカリエに
出展
されていたときにご挨拶したものの、

お店にもぜひ、一度お邪魔しておきたかったのです。

ヨーロッパの文房具を中心に、かわいいもの、キッチュなものが
いっぱい〜〜。


オリジナルのマスキングテープなんかも。


その他、熊本在住の作家さんの作品も、準備してくださっているようですよ。

お茶をいただいて、常連のお客さんともおしゃべりして、
とても楽しい時間でした。



続いて向かったのは、
「カフェラペ」さん。

前述の「大分熊本物産展」のときに
飲んだ「エスプレッソシロップ」がおいしくて、

「ミドリネコ舎」さんを通して、
エスプレッソシロップもぜひ!!と
リクエストしたのです。

「ランチはカフェラペさんで!」と
うきうきして向かったのですが、
なめていました。

予約でいっぱい。。。。。。

そして「東京のパン屋のものです、、、」

と、ご挨拶することに気をとられ、
写真を撮るのも忘れて
帰ってきてしまいました。 がーん。

インスタへのリンクを貼っておきますので、ぜひこちらでご堪能ください。

でもちゃんと、「エスプレッソシロップ」は入荷する予定なので、
ぜひ、みなさん楽しみにしておいてくださいね。

九州の日差しに汗だくになり
ランチを逃して少しへこみつつも、
熊本旅行記は後編へ。 


続く。


テーマ:★店長ブログ★ - ジャンル:ブログ

  1. 2016/08/19(金) 17:49:26|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ぬ」のつく言葉



小学1年生の1学期の国語は、「ひらがな」の学習がメインだそうです。

文字を学び、文字を使った言葉を学びます。



この4月に1年生になった女の子。
その日は「ぬ」の学習だったようです。

「ぬのつく言葉を言ってみよう〜!」

いろんな言葉が出たことでしょうが、
彼女が答えたのは

「カヌレ」。



小学1年生の教室。
みんな、「なにそれー」「知らない〜」
となったようです。

担任の先生もご存知なかったようですが
校長先生の登場により、

「カヌレ」は実在する

ということが確認されたようです。

ちょっとうれしそうに、その話を教えてくれた彼女。
当店でカヌレを見たことあるし、
買って食べたこともある。

ちゃんと体験をもって知っている言葉だから、
みんなが知らない言葉でも、
ちゃんと自信を持って発表できたんだろうと思います。


町の小さな商店ですが
1年生の学習の一コマにちょこっと参加できたこと

なんだかとてもうれしいエピソードでした。


  1. 2016/06/20(月) 20:56:33|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

進歩する はじめてのおつかい

先週のできごとです。

お気に入りのウインナーのパンを
自分で買う!とお買い物にやってきた男の子。

お母さんが外で見守るなか
500円を握りしめて店内に。

「しまうたウインナーください」

ちゃんとはっきり言えました。

パンを袋にいれて渡し、
おつりの小銭を小さな手のひらに。

大丈夫かな?小銭にぎれるかな?

と、思ったその瞬間。

チャリーン〜。

手のひらからこぼれた小銭があたりに散らばってしまいました。


やっぱりそうだよね、小さな手のひらには難しかったよね。
ごめんよ〜、

と思いながら、

お金を一緒に拾って
小さなビニル袋にいれ、
パンと一緒に袋に入れて渡しました。

お買い物できた、という思いと
ちょっと失敗しちゃったっていうドキドキした感じが伝わります。

ちゃんとおつり落とさないようにフォローしてあげればよかったな、
と私も少し心残りが。



それから数日後のことです。

その男の子が再来店。

今度はなんと、
自分用のお財布を持参。
お財布には、おつりが出ないように
ちょうどのお金が入っていました。

うれしそうに
お財布からお金を出して、
トラブルなしの
大成功のお買い物です。


一回目の失敗を生かして
大成功の2回目。

着実にお買い物スキルという社会性が
ワンランクアップしていました。

きっと、
おうちで親子で今度はお財布もっていこう、
など一回目をふまえて
会話されたんだろうなあと思います。

そうやって
またあのお店でがんばってみよう!と
思ってまた来てくれたことが
とてもうれしい出来事でした。

今週で丸2年を迎えるマムザヘッジホッグ。

日々、成長していくお客様と一緒に
小さな成長を今年もコツコツやっていこうと思います。



小さなお子さんが来店した後は店内のはりねずみくんたちがその居場所を変えていることもしばしば。
かわいいいたずら写真を一部ご紹介 









  1. 2016/05/31(火) 07:41:37|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ