FC2ブログ

パンと雑貨とお惣菜 マムザヘッジホッグ

水曜日はカレーライスの日

安倍さんが、突然小中学校の休校を要請した2月27日木曜日。

ええ!いきなり!?

と驚くと同時に、頭に浮かんだことがありました。

「そうだ、水曜日のカレーライス、作ってもらおう。」


うちではいつの頃からか水曜日がカレーライスの日となりました。
始まりは確か、水曜日に子どもの習い事があったことから。
まだ送り迎えが必要な頃、
帰ってから食事の支度をすると遅くなってしまうということから
水曜日は作り置きのカレーライスが
食卓にのぼることが多かったのです。

今では送り迎えもないし、そもそも水曜日の習い事もありませんが、
なんとなく水曜日は「カレーライスの日」として定着しています。


さて一夜あけて金曜日。
学校からも正式に、月曜日からの休校が通知されました。

いつまで続くかわからない
ぽっかりと空いた日々の始まり。

土曜日の夜 ご飯を食べながら
中2の息子に相談です。

「休校の間、水曜日のカレーライス作らない?」

「ああ、いいよ」

なんて軽い返事だ!でも、「いいよ」って引き受けたな!今!

というわけで、水曜日の晩御飯は作ってくれることになりました。

そして
実は今、私がこうしてブログの更新をしている間
キッチンでカレーを作ってくれています。

「目が痛いー」

と、必要以上に叫びながら、サングラスかけて玉ねぎ切ってます。

もう3回目の今回は
これまでの2回が「豚肉&甘口ルー」だったのから
少し変えて「牛肉&中辛ルー」
で作るらしいです。

私はノータッチというのが今回の掟なので、
私は見ません。
(見たらなんか言いたくなるかもしれないし)
お金を渡したら、材料をスーパーで購入するところからお任せです。

ルーを使ったカレーという
そもそも失敗しにくいメニューですが、
毎週作ることで
少し自信もついてきた様子。

「オレ、一人暮らししてもカレーとシチューとハヤシライスは作れるわー」

と言っています。(ルーを変えれば作れるということらしい)

これなら、某CMのように
彼女に
母親の味の肉ジャガを振る舞おうとはしないんじゃないかと。

オレの得意料理のカレーを振る舞おうとするんじゃないかと。


私としては、
水曜日の夜カレーライスを作ってくれることで、
木曜日の朝ご飯(カレーライス)と
土曜の昼ご飯(カレーうどん)
くらいが賄われるので、
正直なところとっても助かっています。


せっかくできたモラトリアムな時間なので
週に1回だけですが
家族のために作る料理の時間を
彼なりに楽しんでくれればいいなー
他の料理も作ってみようかという気になってくれるといいなー
(今のところそんな気配全くないけど)
と、思っております。

ああ、キッチンで吹きこぼれる音がする。

でも、作ってくれたカレーはどんなでもおいしい。
今日もおいしくいただきます!

スポンサーサイト



  1. 2020/03/18(水) 18:16:00|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハツ

唐突ですが「ハツ」です。

ほら、あの焼鳥屋さんで見かける
小さくて、ぷりっとしたやつが
並んで串に刺さってるあれ。
鶏の心臓、鶏ハツ

どうですか?
好きですか?
よく食べますか?

実は、我が家よく食べます。
ハツとか、砂肝とか
そういうコリコリした内臓系が好物です。

ただ、スーパーではハツがレバーにくっついた状態で売られていることが多くて
ハツだけがパック詰にされていることの方が少ないのです。

だから、ハツだけがパック詰になっているのを見つけると
必ずといっていいほど買います。

包丁で開いて塩で揉んで洗って、
フライパンで焼きます。

ハツって心臓ですから、当然鶏一羽からたった一つしか取れません。
鶏もも肉に比べたら、一羽から取れる量はほんのちょっぴりです。
単純に量でいったら少ないわけで、高くてもおかしくないような気がしてしまいますが、
安いんですよねえ。
近所のスーパーではとりもも肉が大体120円から130円程度が通常価格ですが
それに対しハツは、90円前後。
それでいてビタミンAや鉄分、葉酸などの栄養素も高い。
レバーは苦手、という方にも食べやすいのでぜひオススメな部位なのです!


と、ながながとハツを褒めてきましたが、
別にうちの店でハツを売りますよ!というわけではないのです。
なんだか急に暑くなって
疲れたな、食欲が今ひとつだな、というときにも
少量で元気が出て美味しいものってなんだっけなーと考えたときに
ふとハツが思い浮かび

「そうだ、今日のブログに書いてみよう」
と思った次第です。


反響あれば、お店のお惣菜として考えるかもしれません!?
フライパン炒めだと、作り置きお惣菜としてはくどくなるので、
店頭でお惣菜として提供する場合は、
野菜と合わせてマリネサラダのような形になるでしょうか・・・


ハツのお目見え予定は未定ですが

最近、お店のお惣菜で常備しているのは
「ナムル盛合せ」です。

 

写真左上の方。
先週は人参、小松菜、大根、パクチーでした。

季節の野菜をそれぞれの野菜に合わせて
塩、酢、オイル、醤油などで調味して
盛合せています。
人参、大根は大体定番で入りますが、その他の野菜は
調達によって変わるので、毎週何が入るかお楽しみです。

そのまま食べていただくのも美味しいですが
ご飯に乗せたりそうめんに乗せたり
具材として使っていただくのもオススメです。

ご家庭で
ハムでもツナでも卵でも(もちろんハツでも)
何かひとつ動物系の具材を用意ください。

それとこのナムルを
そうめんの上に乗せ、
つゆをかければ美味しいピビン麺の出来上がり。

大人の分だけ手元で辛味を足したい場合は
ぜひジンジャーペペロンオイルを。
 

混ぜ混ぜしながら、美味しく食べてくださいね。

5月ながら、過去に例のない暑さを迎えました。
パンを焼いている側としては暑さはどうにも苦手なのですが
暑い中でも美味しく元気に過ごしていく知恵は
絞っていきたいところです。

ぜひ、お買い物にお越しの際は
色々おしゃべりいたしましょう。





  1. 2019/05/26(日) 21:14:00|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いつのまにやらもうすぐ5年

2014年の6月にオープンしたマムザヘッジホッグ。
今年の5月でまるっと5年を迎えます。

いまだに「いつオープンしたんですか?気づかなかった!びっくりした!」
と言われることがしばしば。

というのも、
いまだに店の前の道路は工事中のまま開通しません。
工事中の道に面したちょっと不思議な立地となっています。

この工事中の道路、正式には
東京都市計画道路幹線街路補助線街路第54号線
といい、
下北沢の向こうからずっと繋がる全長約90キロに渡る計画なのだそうです。

下北沢にはときどき行きますが、あの駅の周りの大きな工事と
実はつながっているんですね。

ということで、これまでの5年間で眺めてきた工事中道路の変化の様子を
ご紹介してみたいと思います。


2014年はじめ
 まだ内装工事中のマムザヘッジホッグ。
 前の道路は一切舗装されていません。
 この頃は、ちょっと雨が降るとものすごい水たまりができる状態。
 足元ビッチャビチャで店に近づくのもやばい状況でした。

 あまりに地面がひどいので、店の前だけでも舗装してもらえませんか?
 と、道路を管理する都の管理局に問い合わせてみたところ
 みせの前だけ舗装してもらえました。
 ほらきれい!

 しかし!
 きれいなのは本当に店の前の一部だけ。
 しかも簡易舗装なので、排水溝などは整備されておらず
 雨が降ったら水たまり。
 そして舗装されているのは一部なので、
 ちょっと先行くと草ぼうぼうの空き地です。
 こんな感じ。

そして2014年の秋くらいから始まった舗装工事。
土の部分がなくなり、全部が舗装されました。

年が明けた2015年3月、仮歩道が開通したのでした。

この頃は、道の中央が歩道で、店の前の歩道でもなんでもないスペースが広かったので
西日よけとしてテント立てたりしていました。

チョークで落書きしてたりも。

雪が積もって雪だるま作ったり。

しかし、そんな時は長く続かず
道路の下に排水溝、下水管を通す工事が行われると同時に
遊びスペースはなくなり、店のすぐ前が歩道になりました。
2017年9月の様子はこんな感じ。

2018年には無電柱化のための電線などライフラインを通すための色々が
埋められる工事が行われていました。
しかし全ては地中の変化。
地上をみているだけだとあまり代わり映えしないような感じも受けてしまいます。

そして2019年。
また新しい工事業者さんが来ています。
今度はどんな工事が行われるんでしょうか。




工事中ということもあり、
西の方まで見通しがいいです。
これからの季節、夕方の6時から7時くらいにかけて、
日没時の空模様がとてもきれいで、スマホを掲げて写真を撮っている方も
多く見受けられます。
 


早く道路ができるといいのにねー
と、お客様から声をかけられることもありますが
今の隠れ家的なポジションも、
嫌いじゃないなと思ったりもしています。

もうすぐ5年目を迎えるマムザヘッジホッグ。
さてどうなることやら。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。





  1. 2019/05/13(月) 08:29:00|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

具体的なことば

マムザヘッジホッグには、たくさんのお子さま連れのお客様がいらっしゃいます。

なるべく落ち着いた気持ちで
お買い物をしていただきたいので、

子どもが買い物中に飽きてしまわないように
店内には絵本やぬいぐるみを置いています。

 

でも、
一人でおとなしく遊びながら待つ
って、
かなり難しいことですよね。

なるべくお子さんのことを気にせずゆったりお買い物していただきたいと
思いつつ、
こちらの力不足を感じることも多々あります。


そんな中、先日とてもステキな言葉かけをしているお客様がいらっしゃいました。

小さな男の子とご来店。
まだ一人で本を読める歳ではありません。

すぐ動きたがるお子さんに
「待っててね」
と声をかけるお母さん。

そして次にお子さんにかけたひとことが

「ママの足にぎゅっとしてて」



思わずキュン!としてしまいました。


お母さんの側から離れずにいることを、
「足に抱きついた状態でいてね」
という具体的な動作で指示。

しかも、子どもにとっては大好きなお母さんにしがみつけるというメリット。
お母さんにとっては子どもを制御範囲内におけるというメリット。
まさにWinWin。


「おとなしくしててね」
「いい子にしててね」

大人からすると具体的な言葉のようでいて、
実は「おとなしくする」「いい子にする」
という言葉は、具体的な行動指示ではありません。

「なんでいう通りにできないの?」
と思うことでも、
それは実は大人が具体的なことを子どもに伝えていないから、
というのはよくあることなのだそうです。

具体的なことばの持つ力を感じた、そんなひとときでした。








  1. 2019/02/05(火) 00:41:00|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏休みの思い出

マムザヘッジホッグも夏休みを終え、
8月17日から通常営業再開いたしました。

特に誰からも宿題提出は求められていませんが、
夏休みの日記を書いてみようかと思います。


1日目 
  朝ごはんを食べたあと、汚れてもいい服装で店に出勤。
  店内のペンキを塗り替える。 
  天井や、高い壁のペンキ塗りをしたら、肩が凝った。

2日目
  息子の自由研究にかこつけて仕込んでいた巨峰の酵母がいい具合に発酵してきた。
  ピザを作るべく、小麦粉と酵母、塩で捏ねて生地にする。
  IMG_1358.jpg   IMG_1360.jpg

  午前中に捏ねた生地を発酵させること数時間。
  今日の夕ご飯はピザ。 これでもか!とチーズをのっける。
  手作りの醍醐味。
  IMG_1362.jpg

3日目
 昨日のピザ生地を仕込む際、比較実験のため
 小麦粉、塩、水で捏ねた生地も作っておいた。(写真の白い方)
 酵母が入っていないので当然膨らまずパンにはならないが、うどんにはなる。
 IMG_1355.jpg 
 ということで、昼食は手打ちうどん。
 パン生地と同じ割合で水を加えたら、うどん生地としては水分が多すぎたようで、
 うまく切れない。
 見た目には美しくはなかったものの、美味しくいただきました。

4日目
 夕食は、数日前から決めていたお店へ電車に乗って外食。
 楽しみにしていたのだが、ちょっと予想外。
 若干残念感を残しつつ帰宅。

5日目
 試してみたいレシピを思い立ち、豚バラブロックを買いに行くが、
 午前中に行ったスーパーでは手に入らず。
 午後に出直すことにしたが、雲行きが怪しくなる。
 でもどうしても買いに行きたくて出かけたところ、見事に雷雨に遭遇。
 びしょ濡れになりながら帰宅。風呂。
 手に入れた豚バラブロックでゆで豚を仕込む。

6日目
 昨日仕込んだゆで豚で夕食はカレーと角煮。
 生姜とクミンをたっぷり使う。唐辛子は使っていないのでhotな辛さはないが、
 スパイス感のあるカレーができた。
 まだ改良の余地はあるけれど、雷雨に打たれた甲斐はなくはなかった、と思う。
 
7日目
 明日からの営業に向けて仕込み。半分休みだが半分仕事。
 息子も明日からは部活スタート。
 早く寝る。

特に旅行など遠出はしなかった一週間でしたが、
振り返ると食べ物のことばっかりだな、と
食いしん坊な自分を改めて認識。。。。。。。

これが振り返るってことだな。

ここからしばらく、火曜日から土曜日まで
11:30から19:00までの通常営業でやって参ります。

蒸し暑さがぶり返すようですが、
暑さに負けず、美味しいものをいっぱい食べて乗りきってまいりましょう〜

そうそう、こんなかわいい仲間もできました。
店頭でぜひ。

 






  1. 2018/08/20(月) 20:33:58|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ